スタジオ・アンバー × wa-coya[わこや] コラボイベント


コラボイベントへの想い…

【産後、孤立しがちなママへ、おでかけのきっかけに】

 
慣れない育児、ワンオペ育児、夜通しの授乳、
ホルモンバランスの変化による気持ちの落ち込み。
今では3人の母となった私ですが、初産での産後疲れは相当なもので、
毎日ヘトヘト、一日がものすごく長く感じるし、抱っこしても、おっぱいをあげても
泣き止まない我が子。。。可愛いのか、憎たらしいのか。。。
「あぁ、虐待って特別な事では無いんだな。。。」と痛感。
ママの気持ちに余裕がなければ、ほんの少しのきっかけで虐待につながる可能性がある。
「幸せ」と「虐待」は隣り合わせ。
だからこそ、
ベビーマッサージを通して赤ちゃんとの触れ合いで愛情を深めるきっかけに。
むぎゅっと撮影を通して、未来のお子さんへのフォトレターとして、
ティータイムでは、ママたちへのご褒美&情報交換タイムとして
ご参加頂けたら幸いです♪
少しでもママのリフレッシュになりますように。。。

 
 

 

べビーマッサージがもたらす効果

【精神的安定・親子の絆が生まれる】

ママの手と赤ちゃんの肌が触れ合うことで、愛情を感じ赤ちゃんは安心でき、
ママにもオキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。
オキシトシンには情緒を安定させる効果があるので、
ストレスが緩和されるそうです。

【身体的効果】
リンパの流れや血行がよくなり、免疫力があがると言われています。
お腹のマッサージで便秘解消の効果も。また、心身ともにリラックスし、ぐっすり眠るようになり、
夜泣きが軽減されたとの報告もあるそうです。

 


ママとのツーショットにこだわる理由

【大きく成長した未来のお子さんのために】

毎日、写真を撮っているけれど、気づけば赤ちゃんの写真ばかりで、
ママと赤ちゃんの写真って中々撮る機会は無いものですよね。
でも、赤ちゃんが大人になって一番見たいのは、
赤ちゃんだった頃の自分よりも、若かった頃のパパや、ママなのです。
ママやパパの赤ちゃんの頃の自分を見つめる眼差しや、仕草から、
改めて愛情を感じるのではないかと思っています。
だからこそ、赤ちゃんのソロショットではなく、
ママとのツーショットにこだわりたいと思います。
もちろん!プロのカメラマンが撮影致します!

 


ベビーヌードでハグしよう!

【赤ちゃんとママをひきたてるモノクローム写真で】

ママと赤ちゃんだけのシンプルな構図。
赤ちゃんを見つめるママのあたたかい視線、赤ちゃんの愛らしいぷくぷくほっぺに、フォーカス!
いずれ、お子さんも成長し、口答えされることも出てくでしょう(笑)。
子育てにちょっとくたびれたなぁ。。。そんなとき、日々の暮らしの中で、思い出して欲しいなと思います。
写真の中には。。。
ちぎりパンのようなムチムチのうで、おててや、あんよに、ほっぺ。
そして、無邪気なキミの微笑み。
そんなキミを愛おしそうに見つめる私。。。
「そうだったね。思い出したよ。ママはキミが大好きなんだ。」

今回は、意外となかなか撮る機会が少ない黒バックのモノクロで、
しかも、A4サイズと大きめのお写真でお届けしたいと思います!
シンプルにかつ、おしゃれにお部屋に飾ってもらえたら嬉しいです!

 


お茶タイムに込める想い

【ママにご褒美&情報交換タイムとして】

日々慣れない育児でクタクタのママ達にねぎらいの気持ちを込めて、
地域の美味しいケーキ屋さんのケーキと、ノンカフェインの紅茶を
用意しています。
また、同じくらいの月齢のお子さんをもつママ同士で、
情報交換できるよい機会にもなっています♪